グローバルコラム ※日付は米国時間です※

FPD価格

TV用LCD価格、2月に上昇に転じる

February 5, 2024

TV用LCD価格は新年に入っても下落傾向にあったが、旧正月を迎えてFPDメーカーに楽観的な兆しが見えてきた。TV用LCD価格は2月に上昇に転じて4ヵ月続いた下落傾向が止まり、辰年の始まりはTV用LCD価格にとって珍しい転換点になろうとしている。 […]
続きを読む

OLED

The Future of OLED Manufacturing Report 2024年版を発刊~スマートフォン、IT、TV、AR/VRの各分野におけるOLEDの商機、課題、ソリューションの最新状況を検証

January 29, 2024

DSCCが The Future of OLED Manufacturing Report を発刊した。本レポートではスマートフォン用およびTV用OLEDの最新動向に関する詳細情報に加え、IT市場とAR/VR市場におけるOLEDの商機、課題、ソリューションについても詳しく検証している。 […]
続きを読む

田村喜男の視点 他

[新着 2月号] CES 2024から見えたAdvanced TV技術

February 5, 2024

世界経済の低迷に伴い、2023年に続いて24年も苦戦が予想されるTV市場だが、先月開催されたCES 2024には4000社以上が出展し、コロナ禍以前の活気を取り戻したように映った。各社が最新のFPD技術を数多く披露し、あの手この手で消費者の購買意欲を喚起しようと躍起だが、そのなかから大型FPDに注目して紹介する。 […]
続きを読む

[1月号] 2024年のFPD市場トレンド

January 10, 2024

DSCCでは、2024年のFPD需要面積 (液晶+有機EL) の伸び率を前年比5.9%増、生産能力の増加率を同3.2%増と予測している。いずれもマイナスだった2023年から回復する見通しで、製品在庫が正常化して市況が上向くと見込まれる4-6月期から復調を感じられるようになるだろう。 […]
続きを読む

Counterpoint ResearchがDSCCを買収、 ディスプレイとサプライチェーンの専門知識にさらなる深み

December 14, 2023

Counterpoint Research は、供給サイドでは半導体/部品/製造、需要サイドではスマートフォン/家電/PC/サーバー/ネットワーク/自動車/産業/その他コネクティッドエンドマーケットをカバーしている、世界有数のテクノロジー業界リサーチファームです。Counterpoint Researchはこのたび、ディスプレイ業界のスペシャリストである Display Supply Chain Consultants (DSCC) の買収を完了しました。 […]
続きを読む

[12月号] 2024年のFPD投資トレンド

December 14, 2023

DSCCは、2024年のFPD装置需要は23年比82%増の85億ドルになると予測している。需要が大きく縮小した2023年から大幅に回復するが、液晶への新規工場投資はなく、有機ELの戦略投資案件に限られそうだ。戦略投資の一つとして注目されるのが、G8.7のIT用有機ELだ。 […]
続きを読む

メール配信サービス

DSCCアナリスト分析コラムをいち早くメールでお届けします。ご登録者様ならではの様々な特典もご用意しています。

無料登録はこちらから

今後のセミナー

最近の報道記事

◆1月26日付の日本経済新聞「有機ELパネルの市況低迷、3四半期横ばい~TV販売鈍く」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。
---------------------------------
◆1月21日付の朝日新聞「「はじめから勝算なかった」国主導企業の破綻~有機ELに見た幻想」にDSCCの分析データが紹介されました。
---------------------------------

◆12月7日付の日本経済新聞「
テレビ販売、世界で不振~大型液晶価格1年2カ月ぶり下落」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。
---------------------------------
◆11月29日付の日本経済新聞「
中国BOE、有機EL新工場に1.3兆円~最先端基板を量産」にDSCCの分析データが紹介されました。
---------------------------------
◆11月27日付の日本経済新聞「
小型液晶パネル3%安~10月大口、テレビ販売鈍く調達減」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。
---------------------------------

◆10月27日付の日本経済新聞「
台湾液晶AUO、車開発の上流に~独部品大手を買収」に台湾支社Leo Liuの分析コメントが紹介されました。
---------------------------------
◆7月21日付の読売新聞「
ディスプレーの国産復権遠く…中韓に後れ、再編も不発」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。
---------------------------------
◆6月30日付の日本経済新聞「テレビ用液晶パネル7%高~5月大口、中国商戦で調達増」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。
---------------------------------

◆6月27日付の日本経済新聞「シャープ、液晶に代わる柱立たず~研究開発費10年で4割減」に田村喜男の分析コメントが紹介されました。

注目の調査レポート

FPD全体市場 FPD稼働率/設備投資/装置/企業収益 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED) 液晶 (LCD) テレビ (TV) IT (タブレット/PC/モニター) スマートフォン その他 個別対応

田村喜男の「季刊 FPD需給観測 (市場総論) レポート&データベース」+解説動画 (2時間)+テーマ無制限!お客様固有のご関心項目への質疑応答WEB会議 (2時間)

年4回刊

お客様のビジネス課題やお悩みは日々刻々と変化し、その内容も事業によってさまざまです。年間を通じて「フレキシブル」「コンスタント」「リーズナブル」に、DSCCのあらゆる分析資料&アジア代表・田村喜男の知見をフル投入して、お客様を個別にご支援します!田村のWEB会議枠の限界事情で大口ご契約社様専用であった本サービス、いよいよ一般のお客様向け販売を開始しました!※請負可能数に限りあり、どうかお早目にお問い合わせください。 […]
続きを読む

FPD注目技術 有機EL (OLED) スマートフォン

Quarterly Smartwatch Shipment and Technology Report [2024年1月創刊]

年4回刊

本レポートはスマートウォッチ用OLEDおよびMicroLEDの出荷実績を、FPDメーカー、ブランド、フォームファクター、ディスプレイサイズ、FPD平均価格、FPD出荷額などの項目別に追跡するとともに、OLEDおよびMicroLEDスマートウォッチに関する予測を提供しています。また、スマートウォッチに適用可能なOLEDおよびMicroLED技術について、テクノロジーとイノベーションのトレンドに関するインサイトも提供しています。本レポートではApple、Garmin、Google、Fossil、Honor、Huawei、Oppo、Samsung、Vivo、Xiaomiなど、25以上のブランドを追跡しています。 […]
続きを読む

FPD注目技術 有機EL (OLED)

Biannual AR/VR Display Technology and Market Report

年2回刊

ディスプレイは拡張現実 (AR) / (VR) ヘッドセットで重要な役割を果たします。主要OEM各社は旗艦製品となるAR/VR機器の発売準備を進めており、ディスプレイメーカーは明るさ、コントラスト、解像度を向上させる技術の開発に取り組んでいます。この新レポートは、MicroLEDとOLEDを含むすべてのディスプレイカテゴリを対象とし、サプライヤーとそのロードマップの詳細情報を提供します。ヘッドセット内の光学部品との互換性についても解説しています。本レポートにはARとVRの両市場予測が含まれています。 […]
続きを読む

FPD注目技術 テレビ (TV)

MicroLED Display Technology and Market Outlook Report

2023年11月

MicroLEDディスプレイ技術は急速に進歩しており、現在、商品化の初期段階にあります。ただし、Apple、Samsung、Facebookといった企業が推進しているものの、信頼できるサプライチェーンの確立と製造コストの削減には依然として課題が残ります。本レポートは、主に製造技術の選択によって異なる技術的障害を採り上げます。また、ディスプレイ業界の競争環境に関するDSCCの分析に基づいた、2028年までの市場予測も収録しています。本レポートは、LEDメーカー、パネルメーカー、技術開発企業、OEM、組み立て請負企業、エンドユーザーなど、MicroLEDサプライチェーンのすべての企業のお役に立ちます。 […]
続きを読む

FPD注目技術 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED)

Biannual AMOLED Materials Report

年2回刊

フレキシブルAMOLED、リジッドAMOLED、OLED TVの製造に使用されるすべての主要材料を追跡するレポートです。AMOLEDの生産能力と出荷に関するDSCCの深い専門知識と、AMOLEDデバイス構造およびAMOLED材料価格に関するインサイトを組み合わせて、業界で最も正確な市場規模と市場シェアの実績および予測データを提供します。 […]
続きを読む