MicroLED Display Technology and Market Outlook Report

Report Summary

MicroLEDディスプレイ技術は急速に進歩しており、現在、商品化の初期段階にあります。ただし、Apple、Samsung、Facebookといった企業が推進しているものの、信頼できるサプライチェーンの確立と製造コストの削減には依然として課題が残ります。本レポートは、主に製造技術の選択によって異なる技術的障害を採り上げます。また、ディスプレイ業界の競争環境に関するDSCCの分析に基づいた、2026年までの市場予測も収録しています。本レポートは、LEDメーカー、パネルメーカー、技術開発企業、OEM、組み立て請負企業、エンドユーザーなど、MicroLEDサプライチェーンのすべての企業のお役に立ちます。


  • Pages

    309
  • File Format

    PDF
  • Published

    2021年11月
  • Order Report

ご案内手順

1) まずは「お問い合わせフォーム」経由のご要請にて「国内販売価格」を24時間以内にご返信します。 2) 続いて、レポート最新版に基づく「商品サンプル」を作成の上、ご返信します。 3) さらに、ご希望されるお客様には、DSCCアジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明 (お電話またはWEB面談) の上、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。 4) ご購入後も、掲載内容に関するご質問を国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答ミーティングを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。

商品概要 (1)

MicroLEDディスプレイ技術は急速に進歩しており、現在、商品化の初期段階にあります。ただし、Apple、Samsung、Facebookといった企業が推進しているものの、信頼できるサプライチェーンの確立と製造コストの削減には依然として課題が残ります。本レポートは、主に製造技術の選択によって異なる技術的障害を採り上げます。また、ディスプレイ業界の競争環境に関するDSCCの分析に基づいた、2026年までの市場予測も収録しています。本レポートは、LEDメーカー、パネルメーカー、技術開発企業、OEM、組み立て請負企業、エンドユーザーなど、MicroLEDサプライチェーンのすべての企業のお役に立ちます。

MicroLEDへの関心が高まるなか、DSCCはMicroLED Display Technology and Market Outlook Reportを発刊できることを誇りに思っています。

MicroLEDは他のFPD技術に比べ、特に高効率、高輝度、高彩度、高速応答速度、長寿命という潜在的な利点があることから、多くの関心を集めています。この独自機能の組み合わせにより、MicroLEDは超大型テレビからAR/VRヘッドセットで使用するマイクロディスプレイに至るまで、多くのアプリケーションで使用できる優れたディスプレイとなっています。過酷な環境条件に耐える能力は、自動車産業にとってとりわけ魅力的です。

MicroLEDはこれまでに主流メディアの間で多くの誇大宣伝と多くの混乱を引き起こしてきました。これは、MicroLEDディスプレイがさまざまな方法で製造することができ、それぞれが独自の課題と実用可能アプリケーションを持っていることによります。

本レポートはMicroLEDの2つの一般的な製造方法である、モノリシックとマストランスファーを対象としています。モノリシックアプローチは、対角線が1インチ未満で5,000PPIを超える非常に高いピクセル密度のマイクロディスプレイの製造に推奨される方法です。このようなミニチュアディスプレイは、コントラストやコンパクトさを犠牲にすることなく数百万ニットの明るさを実現できるため、AR/VRに非常に有望です。ただし、フルカラーディスプレイの実現は困難であることがこれまでに証明されています。

マストランスファーアプローチは、ディスプレイ基板上で多数の個別MicroLEDを動かすことで構成されます。理論的にはこの方法で、対角100インチを超える大型テレビを含むあらゆるサイズのディスプレイを製造できます。現在、複数のマストランスファー技術が開発中です。

Samsungはすでに高級MicroLEDビデオウォールの販売を消費者向けに開始しています。ただし、こうしたディスプレイのLEDチップは100μmを超えています。これは、MicroLEDで一般的に受け入れられているサイズ定義です。MicroLED TVは将来、より小さなLEDチップをベースにすることでディスプレイのBoM全体の縮小を推進します。ただし、LEDチップを縮小しすぎると効率に影響し、ディスプレイ性能に影響が及ぶ可能性もあります。

本レポートはこれらすべての問題を詳しく採り上げ、MicroLED業界で開発が進んでいるさまざまなソリューションを提示しています。また、アプリケーションごとにセグメント化した2026年までの市場予測も収録しています。

商品概要 (2)

本レポートに収録のトピック:

  • MicroLEDの効率に関する課題
  • マストランスファー技術
  • 歩留まりおよび欠陥管理戦略
  • 量子ドットによる色変換
  • バックプレーンおよび駆動スキーム
  • モノリシックディスプレイ
  • コスト分析(エピウェハー、バックプレーン、QD色変換、トランスファーコスト)
  • サプライチェーンシナリオ
  • 競争情勢
  • 2026年までの市場予測(出荷数および出荷額)
目次

1. Introduction and Executive Summary p.5

  • What is a MicroLED?
  • Why are MicroLED Displays Attractive?
  • Overview of MicroLED Applications
  • MicroLED Manufacturing Routes
  • Current Status of MicroLED TVs
  • Monolithic MicroLED Displays for AR/VR
  • Market Forecast Summary

2. MicroLED Supply Chain p. 28

  • Samsung
  • Apple
  • Facebook (Meta)
  • Snap
  • Vuzix
  • Xiaomi
  • TCL
  • Konka
  • Sony
  • Ennostar
  • PlayNitride
  • AUO
  • Foxconn
  • Seoul Viosys
  • Nanosys
  • Aledia
  • Plessey

3. Epitaxy & Chip Manufacturing p.64

  • Epitaxy by MOCVD
  • 2D vs. 3D MicroLEDs (Nanowires)
  • Sapphire vs. Silicon Substrates
  • Chip Structure

4. MicroLED Efficiency p. 87

  • External Quantum Efficiency (EQE)
  • Why Efficiency is a Challenge
  • Improving MicroLED Performance
  • Comparison with OLED

5. Monolithic MicroLED Displays p.101

  • Monolithic MicroLED in AR/VR Applications
  • Monolithic Integration vs. Hybridization
  • Various Approaches to Hybridization
  • Sapphire vs. Silicon Wafers
  • Challenges with Colors
  • Collimation
  • Smart Contact Lenses
  • Active Matrix: CMOS Backplane
  • Passive Matrix Monolithic Displays

6. Mass Transfer Process p.114

  • Overview of Mass Transfer Processes
  • Stamp Based
  • Laser-Assisted
  • Fluidic Assembly
  • Continuous/Semi-continuous
  • Other Techniques
  • Key Players and Status

7. Yield and Defect Management p.134

  • Yield Management with Mass Transfer
  • Redundancy
  • Test and Repair
  • Defect Management and Compensation
  • Defects in Monolithic Displays

8. Color Conversion p.180

  • Quantum Dot Color Conversion (QDCC)
  • QD Color Conversion for MicroLEDs: Advantages & Challenges
  • Photolithography Vs Inkjet Printing : Advantages & Challenges
  • Key Optical Properties for QDCC: Blue Absorption, External Quantum Efficiency, Color Gamut
  • Performance of Nanosys’s High Absorption Core QDs
  • Secondary Color Filter
  • QDCC for MicroLEDs: Status and Demos
  • Phosphors

9. Display Driving and Backplane p.234

  • Challenges of Driving MicroLEDs
  • Passive Matrix
  • Active Matrix TFT Backplanes
  • Microdriver IC
  • Smart Pixels

10. Additional Functionality for MicroLED p.252

  • Transparent Display
  • Flexible Display
  • Embedded Sensors

11. MicroLED Cost Analysis p.262

  • Epiwafer Consumption
  • Backplane Cost
  • Mass Transfer Cost
  • Color Converter Cost
  • Cost Reduction Strategies
  • Conclusions

12. MicroLED Market Analysis and Forecasts p.278

  • Display Market Overview
  • Competitive Landscape for Display Technologies and MicroLED Application Roadmap
  • Shipment and Revenue Forecasts (2021 to 2026)
お問い合わせ

本レポートのご質問・ご要望はこちらから (国内お客様サポート担当宛)

Contact Sales

DSCC商品カタログ (2021年9月版)

※本日時点の最新ラインナップは本サイト「商品一覧」からご確認ください。

Download Now