Press Releases

田村喜男の視点

[新着 5月号] 高精細化を牽引するAR/VR用FPD技術

May 18, 2022

DSCCはこのほど、AR/VR用FPD市場を展望した最新レポートを発行し、長期予測を更新した。2025年まではLCDが最も高い出荷シェアを占めるが、その後はMicroOLED (OLED on Silicon) がリードすると考えている。最新予測では、AR/VR用FPD市場の年平均成長率を52%と予測した。FPDのさらなる高精細化を牽引するテクノロジードライバーだと考えており、すでにリジッドOLEDで800ppi以上、MicroOLEDでは3000ppi以上を採用する流れが見えてきている。続きを読む

[4月号] ロシアのウクライナ侵攻の影響

April 11, 2022

当社の提携調査会社であるDISCIENの分析によると、2022年の世界テレビ需要は460万台減少するとみられる。このうち360万台はロシアのウクライナ侵攻に伴うロシアとウクライナへの直接的影響、残り100万台は中東・アフリカを含む他地域への間接的影響によるものと推測している。続きを読む

[1月号] 2022年のFPD設備投資動向

January 31, 2022

2022年のFPD設備投資は、インストールベースで前年比25%減の126億ドルになると想定している。中国企業の本格参入でIT用LCDの大型化とコモディティー化が進む一方、OLEDではG6からG8.5へ大型化が始まり、「投資のOLEDシフト」がいよいよ強まりそうだ。LCDでは、G10.5のBOE武漢第2工場が決定するか注目される。続きを読む

2022年FPD市況の注目点

January 4, 2022

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。2022年のFPD市場は、需要面積の伸び率が6%、生産能力の面積増加率が7%となり、上期を中心に供給過剰に陥るが、価格下落によって販売が伸び、年後半には再び回復基調に転じるとみている。続きを読む

メール配信サービス

DSCCアナリスト分析コラムをいち早くメールでお届けします。ご登録者様ならではの様々な特典もご用意しています。

無料登録はこちらから