FPDコスト

FPD全体市場 FPD稼働率/設備投資/装置/企業収益 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED) 液晶 (LCD) テレビ (TV) IT (タブレット/PC/モニター) スマートフォン その他 個別対応

田村喜男の「季刊 FPD需給観測 (市場総論) レポート&データベース」+解説動画 (90分間)+テーマ無制限!お客様固有のご関心項目への質疑応答WEB会議 (90分間)

年4回刊

お客様のビジネス課題やお悩みは日々刻々と変化し、その内容も事業によってさまざまです。年間を通じて「フレキシブル」「コンスタント」「リーズナブル」に、DSCCのあらゆる分析資料&アジア代表・田村喜男の知見をフル投入して、お客様を個別にご支援します!田村のWEB会議枠の限界事情で大口ご契約社様専用であった本サービス、いよいよ一般のお客様向け販売を開始しました!※請負可能数に限りあり、どうかお早目にお問い合わせください。
続きを読む

FPD注目技術 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED) スマートフォン

Quarterly Foldable/Rollable Display Shipment and Technology Report

年4回刊

DSCCとCounterpointはフォルダブル (折りたたみ式) ディスプレイ技術とその市場に関する月次/四半期/年次レポートでご好評をいただいています。本レポートでは、ブランド別モデル別月次パネル出荷、ブランド別モデル別セルイン (販売)、地域別セルイン、2028年までのブランド別モデル別パネル出荷予測、モデル別セルイン予測、地域別ブランド別モデル別セルイン (オプション)、ロードマップ、デザインウィン、詳細製品仕様、コスト分析、技術進歩など、DSCCとCounterpointの両社によるクラス最高の情報を成果物としてご提供します。出荷数については、パネル出荷/生産/セルインを対象とするサプライチェーン全体のデータをご提供します。
続きを読む

FPDコスト IT (タブレット/PC/モニター)

Quarterly Advanced IT Display Shipment and Technology Report

年4回刊

DSCCの Quarterly Advanced IT Display Shipment and Technology Report は、タブレット、ノートPC、デスクトップモニターの各市場向けハイエンドディスプレイを対象に、先端技術ディスプレイの出荷を追跡し予測するレポートです。IT市場はいま、ディスプレイ技術とフォームファクターの競争の時代にあり、ブランド各社やOEM各社にとっては、多種多様なディスプレイ技術と代替フォームファクターからの選択が可能になっています。
続きを読む

FPD注目技術 FPD部材 FPDコスト テレビ (TV) IT (タブレット/PC/モニター)

Quarterly MiniLED Backlight Technologies, Cost and Shipment Report

年4回刊

MiniLEDバックライト搭載LCDは、他のFPD技術よりも多くの利点をもたらす可能性があります。なかでも注目すべきは、高輝度、高コントラスト比、WOLED TVより低い消費電力、高効率といった優位性です。優れた性能を備えたMiniLEDバックライトは、超大型TVからITまでさまざまなアプリケーションへの採用に魅力的な技術です。自動車用途や産業用途でも、高輝度と高コントラスト比を備えたMiniLEDバックライト技術はメリットをもたらします。
続きを読む

FPD全体市場 FPD稼働率/設備投資/装置/企業収益 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED) 液晶 (LCD)

Quarterly FPD Forecast Report

年4回刊

DSCCのQuarterly FPD Forecast Reportは、2018年から2027年までのディスプレイ市場を追跡したデータを四半期ベースで提供します。テクノロジー別 (LCDとOLED) に8つのアプリケーション向けの出荷枚数、出荷金額、出荷面積、平均販売価格 (ASP) 、平均画面サイズ、平均解像度 (PPI、すなわちピクセル/インチ) の推移を明らかにしています。追跡対象は以下の8市場です。
続きを読む

FPDコスト IT (タブレット/PC/モニター)

Biannual IT Panel Cost Report

年2回刊

IT市場には今後、OLEDとMiniLEDバックライトLCDの普及が進むと見られています。DSCCでは、IT市場に採用される既存および新興先進パネル技術を比較するコストモデルを開発しました。対象はa-Si LCD、Oxide LCD、LTPS LCD、MiniLEDバックライトLCD、リジッドOLED、フレキシブルOLED、フォルダブルOLED、WOLED、インクジェットOLEDの各技術によるIT用パネルのコストです。OLEDコストモデルでは、ITパネル市場で現在販売中、あるいは今後販売予定のさまざまなフォームファクターすべてを検証しています。また、中国、台湾、韓国など、製造地域による区分も設けています。サイズ別では10.9インチから32インチまでのパネルが対象です。新たなカテゴリーの出現にともなって対象パネルも順次追加予定です。レポートにはBOM内訳、コスト、マージンの詳細データが含まれており、これらのパラメーターについて2026年までの予測を収録しています。
続きを読む

FPD注目技術 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED)

Biannual AMOLED Materials Report

年2回刊

フレキシブルAMOLED、リジッドAMOLED、OLED TVの製造に使用されるすべての主要材料を追跡するレポートです。AMOLEDの生産能力と出荷に関するDSCCの深い専門知識と、AMOLEDデバイス構造およびAMOLED材料価格に関するインサイトを組み合わせて、業界で最も正確な市場規模と市場シェアの実績および予測データを提供します。
続きを読む

FPDコスト 有機EL (OLED) スマートフォン

Biannual Smartphone Display Cost Report

年2回刊

OLED搭載スマートフォンの普及拡大を背景に、DSCCではスマートフォン用LTPSとOLEDのコストを比較および予測するコストモデルを開発しました。このコストモデルでは、スマートフォン市場に現時点で存在している、あるいは今後導入見込みの、あらゆるフォームファクターを検証しています。調査対象のFPDには、リジッドタイプの5.5インチ/6.0インチ 16 : 9および6.0インチ/6.4インチ 18-19.5 : 9、フレキシブルタイプの5.5インチ 16:9、5.8インチ/6.0インチ/6.2インチ/6.5インチ 18-19.5 : 9が含まれています。今後、異なるカテゴリーの出現にしたがって追加されるFPDも増える予定です。詳細なBOMデータの実績と予測、FPD価格、FPDマージンも収録しています。
続きを読む

FPDコスト テレビ (TV)

Biannual Advanced TV Display Cost Report

年2回刊

TV市場が価格に敏感であることを考えれば、市場を支配する可能性が高いTV技術を判断する上で、コストが大きな要因となります。本レポートは、27インチ~97インチ (OLED) 、55インチ/65インチ/75インチ (LCD) のサイズを対象に、TV市場におけるハイエンドFPDメーカーのコスト、価格、マージンを定量化し予測します。さまざまな生産地域におけるOLED、量子ドット (QLED) 、LCDのコストを対象としています。また、インクジェット印刷などOLED TV製造に対する新たなアプローチと、それらがコストに与える影響についても検討します。
続きを読む

FPD全体市場 FPD注目技術 FPD稼働率/設備投資/装置/企業収益 FPD部材 FPDコスト 有機EL (OLED) 液晶 (LCD) テレビ (TV) IT (タブレット/PC/モニター) スマートフォン

DSCC Weekly Review

週刊 (火曜日)

毎号35-65ページのボリュームでお届けする週刊ニュースレターです。FPD機器、FPD材料、TV、スマートフォンの各市場を分析、FPD企業の株価見通し、企業の財務分析および展望、ニュース分析、市場データ、価格データ、論説などを掲載しています。
続きを読む

※工事中 (ダウンロード欄)

Download Now