Quantum Dot (QD) Display Technology and Market Outlook Report 2023

Report Summary

量子ドットはここ10年近く、LCD パネルの色の強調に使用されてきました。商用化されている最新ディスプレイ技術はQD-OLEDです。この技術では、OLEDパネルの上にインクジェット印刷された量子ドットカラー変換 (QDCC) 層を使用します。QD-OLEDとQD-LCDの総出荷面積は来年、15%近く増加する見通しです。QDディスプレイ分野で最大のセグメントはTVで、面積のみならず数量でも群を抜いており、2023年にはQD搭載TVが1500万台以上に達すると予測されています。近年、エレクトロルミネセンス量子ドット (EL-QD) が大きく進化しています。この技術では、量子ドットが色を変換するのではなく直接発光するため、青色OLEDスタックが不要になります。最近では、Samsung Display、TCL、Sharp、BOEなどの大手FPDメーカーがEL-QDの試作品デモを行っています。量子ドットはMicroLEDディスプレイでも活用可能です。色変換が赤色MicroLEDの効率の低さに対処する解決策になると見られています。また、小型のモノリシックMicroLEDディスプレイについても検討が進んでいます。


  • Pages

    232
  • File Format

    PDF
  • Published

    2023年2月
  • Order Report

ご案内手順

【1】まずは、右上部の「お問い合わせフォーム」経由のお引き合いに対して「国内販売価格」を原則24時間以内にご返信します。
  ※お急ぎの場合の特急対応も喜んで承ります。
【2】続いて、過去レポートに基づく「一部実データ付き商品サンプル」をご返信します。
  ※最新号に基づき新規作成を要する場合は、少々お時間をいただきますが、ご要望の期日までに対応します。
【3】さらに、ご希望されるお客様には、WEB面談による「無料ご試読会 (20分間程度)」や、当社アジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明を通じて、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。
【4】正式見積書の発行後、「発注する」とのメールのみにてご成約、メール添付方式にて即日納品」します。
【5】その後、PDF請求書をメールしますので、原則翌月末日までに当社の国内銀行口座にお振り込みください。
【6】ご購入後も、掲載内容に関するお問い合わせを国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答WEB会議」やメールを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。

商品詳細

ディスプレイ分野における量子ドットのアプリケーションは成長を続けています。量子ドットフィルムは、LCDパネル、特にMiniLEDバックライトを搭載したプレミアム製品ですでに普及しています。Samsung Displayは2022年以降、TVおよびモニター用QD-OLEDの出荷を始めています。この革新的なディスプレイ技術は、OLEDの完璧なコントラストと、量子ドットが提供する広い色域を兼ね備えています。DSCCでは、2023年には量子ドット搭載TVの出荷台数が1500万台を超えると予測しています。量子ドットは現在、TV、モニター、ノートPC、VRヘッドセットなど、さまざまなデバイスに採用されています。しかし、これは始まりにすぎません。FPDメーカー各社は将来のコンシューマ製品に向けて、MicroLEDやエレクトロルミネセンス量子ドットといった新技術の開発を進めています。

本レポートでは、量子ドット強化フィルム (QDEF)、量子ドットカラー変換 (QDCC)、エレクトロルミネセンス量子ドット (EL-QD) などのアーキテクチャを取り上げています。

レポート配信内容:

  • ディスプレイ用途に有効な各種QDの紹介:CdSe、InP、ZnSe、ZnTeSe、ハロゲン化物灰チタン石
  • 欧州連合有害物質規制 (RoHS) の必須事項と各種QDアーキテクチャへの影響の解説
  • フィルムおよび量子ドット材料の出荷金額予測
  • フォトリソグラフィーとインクジェット印刷によるQDCCの製造の利点と課題の解説
  • QD-OLED生産能力とディスプレイ構造
  • MicroLEDにおけるQDCCの将来のアプリケーション
  • EL-QDの現況 (デモ、EQE、ライフタイム)
  • 2027年までの市場予測

提供データ:

  • QD-LCD TV出荷台数:MiniLEDバックライト搭載/非搭載
  • QD-LCDモニターおよびノートPC出荷台数
  • QD-OLED TVおよびモニター出荷台数
  • MicroLED TV出荷台数
  • 灰チタン石フィルム搭載デバイス出荷台数
  • パネル総出荷面積:QD-LCD、QDCC、灰チタン石
  • QDフィルム/プレート出荷金額
  • 灰チタン石フィルム出荷金額
  • QD材料出荷金額
目次一覧

Executive Summary p.5

Introduction to QD based Displays P.12
What are Quantum Dots?
Color Gamuts
Types of QD-based Displays

Materials p.26
Classification of QDs
Cadmium and Cadmium-Free QDs
Halid Perovskite QDs
RoHS

LCD with Quantum Dots (QD-LCD) p.44
QDEF
xQDEF
Perovskite Films

Quantum Dot Color Converters (QDCC) p.78
QDCC Advantages
Increasing Absorption
Photolithography
Inkjet Printing (IJP)

OLED with QDCC (QD-OLED) p.117
Samsung’s QD-OLED Fab
QD-OLED Structure
Brightness Improvement
Material Usage
Blue Emitters
Material Costs

MicroLED with QDCC p.135
MicroLED Manufacturing Routes
QDCC on Monolithic MicroLED
QDCC Demos
Companies Developing QDs for MicroLED
Phosphors for MicroLED
QNED

Electroluminescent QD p.157
Advantages of EL-QD
Challenges
Progress in EQE and Lifetime
Key Players and Demos

QD Market Outlook & Forecasts p.184
MiniLED Market
QD-LCD Forecast
QD-OLED Forecast
IT Applications

QD Material Revenue Forecast p.199
QD-LCD Panel Area
QD Film and Material Revenues
Perovskite Film Revenues
QDCC Material Revenues
Total QD Material Revenues

Supplier Profiles (Alphabetical) p.207
Avantama
Dai Nippon Printing Co., Ltd (DNP)
Dow
Glotec Co., Ltd.
Hansol Chemical
Helio Display Materials
i-Component Co., Ltd.
Kangde Xin Composite Material Group (KDX)
Kolon Industries Inc.
Merck
Mesolight (Suzhou Xingshou Nanotech)
Najing Technology
Nanosys
Nanoco
Nanolumi
Nanophotonica
Ningbo Jizhi Exciton Technology Co Ltd.
Quantum Materials Corporation
QustomDot
Samsung Advanced Institute of Technology (SAIT)
Showa Denko Materials (Formerly Hitachi Chemical)
Wah Hong Industrial Corp

お問い合わせ

本レポートのご質問や一部実データ付きサンプルのご依頼はこちらから

Contact Us

※工事中 (ダウンロード欄)

Download Now