DSCCが指摘するコロナ禍のディスプレイ市場拡大

Published September 10, 2020
特集「テレワーク需要をつかめ~今、売れるディスプレイ」(PC-Webzine)

新型コロナウイルスの世界的流行により、各国でロックダウン (都市封鎖) が相次いだ。日本でも緊急事態宣言に伴う外出自粛により、人の移動や購買行動が大きく制限された。それらの影響により、2019年10月と2020年6月時点における2020年世界GDP見通しを比較すると、3.4%のプラス成長から5%のマイナス成長に転じるなど、経済への打撃も非常に大きくなった。

その中で、市場の拡大が見られたのがディスプレイ市場だ。米調査会社DSCCの調査によると、10インチ以上のタブレット、ノートPC、そしてモニターなどのIT関連製品の市場が拡大しているのだという。

DSCC アジア代表 田村喜男氏は「ワールドワイドでは、2019年と比較して2020年はモニターがプラス4%、ノートPCがプラス9%、タブレットがプラス11%と軒並み市場が伸びています。この背景にはロックダウンや外出自粛などの影響で在宅勤務 (テレワーク) が世界的に広がり、自宅での仕事環境を整えるためIT関連製品を購入したことが要因として挙げられるでしょう」と語る。

半面、スマートフォンの売り上げは ⇒ 続き全文はこちらから

※クリックで鮮明表示されます

上図の出典:田村喜男の『COVID-19状況下のFPD市場総論セミナー』~全4章・120分間の解説動画付きパワーポイント資料!(追加動画『質疑応答&対談セッション』など三つの特典付き)

Image Description
Written by

Yoshio Tamura

tamura@displaysupplychain.com