[新着] 拡大するMiniLEDバックライト~季刊調査レポート創刊

Published November 26, 2021
11月24日完成!質量充実の全241頁です!(単発 or 四半期毎アップデート年間契約)

Quarterly MiniLED Backlight Technology, Cost and Shipment Report Q4'21版の序章公開サンプル・ZOOMご試読 (田村喜男の概要解説付き)・国内販売価格はこちらから

第45回 DSCC田村のFPD直球解説 (電子デバイス産業新聞)

MiniLEDバックライト (BLU) の搭載が本格的に拡大してきた。テレビ、モニター、ノートPC、タブレットの4品目において、2021年に計860万枚の出荷が見込まれるのに対し、2026年には約5600万枚にまで拡大すると予想される。

※クリックで鮮明表示されます

テレビへのMiniLED-BLU搭載を牽引するのがSamsung VDだ。量子ドット+MiniLED-BLUを採用したNeo QLEDシリーズの本格展開を開始し、2021年は約200万枚の出荷が見込まれるなど、テレビへの搭載枚数の8割前後を同社が占める。2022年には出荷台数を倍増以上にする計画だ。

65インチ1枚に1万灯弱を搭載しており、当初はボンディング工程の歩留まり向上に苦心したようだが、高価だったセット価格をここにきて下げ始めており、シェア拡大に力を注いでいる。対抗する中国テレビメーカーではTCLがいち早く商品化済みだが、TCLの増産とTCLに続く企業の商品化戦略が今後加速するのかが焦点になる。

IT用では、AppleがMiniLED-BLUの採用拡大の牽引役を担っている。5月に発売したiPad Proに続き、先ごろ発表したMacBook ProにもMiniLED-BLUを採用。LED 1万灯を2596のディミングゾーンに分割して制御しており、消費電力や本体厚みを従来モデルから維持したまま輝度を2倍に高めることに成功している。2022年には27インチのiMacにも採用され、2022年1~3月期からそのMiniLED-BLUおよび液晶の量産が始まる。

こうした状況に伴ってLEDサプライチェーンも活性化しており、その中には台湾・中国メーカーの名前が目立つ。なかでも、Epistar (晶元光電) とLextar (隆達電子) という同業2社の経営統合で設立された台湾Ennostar (富采投資控股) がシェアを拡大しており、AppleやLGなどに軒並み供給している。中国勢ではLED最大手のSanan Optoelectronics (三安光電) のシェアが高く、TCLにはHC Semitek (華燦光電) も供給している。

MiniLED-BLUサプライチェーンが従来と異なるのは、BLUの設計をパネルメーカーやODMが主に行うのではなく、AppleやSamsungが自ら積極的に手がけているという点だ。Samsungはテレビ事業を主管するSamsung VDが設計し、ベトナムとメキシコに実装工場を保有。AppleはLEDのボンディング工程をTSMTに委託しているようだ。

さらなる普及が見込まれるMiniLED-BLUだが、今後はIT分野で有機ELとの競合が激しさを増していく。有機ELはノートPCやタブレットへの採用が増加しており、Appleは2024年からiPadに採用するとの見方が強い。IT用有機ELの生産拡大に向けてG8.5蒸着ラインの整備なども見込まれており、こうした投資動向を含めて各社の戦略に注目が集まりそうだ。

(本稿は、11月上旬「電子デバイス産業新聞」のDSCC連載記事を基に、11月26日に田村が再確認・一部改訂したものです)

目次 (Q4'21版)

第1章 Executive Summary

第2章 LED Supply/Demand Analysis & Forecast

第3章 MiniLED Backlight Advantages

第4章 MiniLED Market Outlook: Chip, Revenue

第5章 MiniLED Backlight Technologies
 - LED
 - Backplane
 - LED Driver and DOB (Driver on Board)
 - Dimming Control
 - QD Film
 - Manufacturing Process
 - Key Equipment

第6章 MiniLED Backlight Cost Structure and Cost Trends
 - TV
 - Monitor/AIO
 - Notebook PC
 - Tablet

第7章 MiniLED LCD Shipments
 - TV
 - Monitor/AIO
 - Notebook PC
 - Tablet

第8章 MiniLED LCD Revenue
 - TV
 - Monitor/AIO
 - Notebook PC
 - Tablet

第9章 MiniLED Backlight Revenue
 - TV
 - Monitor/AIO
 - Notebook PC
 - Tablet

第10章 MiniLED vs. Other Display Technology

第11章 LCD Suppliers Roadmaps

第12章 MiniLED Backlight Market Forecast vs. Total Market

第13章 MiniLED Backlight Supply Chain

付録章 Appendix -Key suppliers' info

本記事の出典調査レポート
Quarterly MiniLED Backlight Technology, Cost and Shipment Report

一部実データ付きサンプルをご返送

ご案内手順

1) まずは「お問い合わせフォーム」経由のご連絡にて、ご紹介資料、国内販売価格、一部実データ付きサンプルをご返信します。2) その後、DSCCアジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明 (お電話またはWEB面談) の上、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。 3) ご購入後も、掲載内容に関するご質問を国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答ミーティングを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。

Image Description
Written by

Yoshio Tamura

tamura@displaysupplychain.com