iPhoneパネル需要と稼働率

Published February 6, 2020
第24回 DSCC田村のFPD直球解説 (電子デバイス産業新聞)

2019年のiPhone向けディスプレー需要は2億1600万枚と前年比13%減少した。特に、有機ELモデルのディスプレー需要は同24%減の5900万枚にとどまったもようだ。iPhone向けの有機EL生産能力は年間2億5000万枚もあるため、工場稼働率は平均でわずか23%と非常に低迷した。

一方で、20年のiPhone新モデルは3モデルと噂され、すべて5G対応、かつディスプレーにはすべて有機ELが採用される見通し。有機ELモデルが19年の2モデルから3モデルに増えることや各種機能の革新に伴い、有機ELへの需要は1・1億枚を超え、工場の平均稼働率が45%まで回復する見通しだ。

サムスンディスプレー(SDC)がY―OCTAと呼ばれるタッチパネル機能を内蔵した有機ELパネルを20年から、そしてLTPOを21年からiPhone向けに生産し始めるので、生産工程が増加し、SDCの生産能力は19年をピークとして、23年までに半減に近い水準まで減少する。従って、LGディスプレーやBOEがiPhone用有機ELに参入しても、3社合計の生産能力が減少することが工場稼働率の改善へ寄与し、平均稼働率は19年の23%から23年には72%まで上昇していくと予想する。

また、1~3月期に廉価版の4・7インチモデルが発売されると予想されているが、20年に液晶を搭載する新モデルはこれだけであるため、液晶全体の需要は前年比3割減の1億枚強にとどまり、有機ELに逆転されるだろう。

DSCC

本記事のデータを
より詳しくご入手されたいお客様は
お気軽にご連絡ください

ご案内手順

1) まずは「お問い合わせフォーム」経由のご連絡にて、ご紹介資料、国内販売価格、一部実データ付きサンプルをご返信します。2) その後、DSCCアジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明 (お電話またはWEB面談) の上、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。 3) ご購入後も、掲載内容に関するご質問を国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答ミーティングを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。

Image Description
Written by

Yoshio Tamura

tamura@displaysupplychain.com