[新着] 2022年FPD市況の注目点

Published January 4, 2022
第46回 DSCC田村のFPD直球解説 (電子デバイス産業新聞)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

2022年のFPD市場は、需要面積の伸び率が6%、生産能力の面積増加率が7%となり、上期を中心に供給過剰に陥るが、価格下落によって販売が伸び、年後半には再び回復基調に転じるとみている。

※クリックで鮮明表示されます

コロナ禍に伴う需要拡大で、FPD市場では2020年下期からLCDパネルの価格上昇が続いたが、2021年夏から下落に転じ、好況は終焉を迎えた。一時はドライバーICやガラス基板などの部材供給がタイトだったが、今後はパネル各社が緩やかに稼働率を抑制するため、部材のタイト感は解消し、2022年上期は部材にも価格下落圧力が強まる。

韓国国内でTV用LCDパネルの生産を延長してきたSamsung Display (SDC) だが、こうした市況の変化を受けて2022年6月で生産を終了する。一方で、LG Display (LGD) は2022年の稼働を継続する計画である。SamsungのTV事業を担当するSamsung VD (Visual Display) がLGDからTV用LCDパネルの調達を増やす見通しであり、この稼働維持に大きく貢献することになる。

一方で、Samsung VDはLGDからTV用OLED「WOLED」を調達すべく交渉中だ。これが実現すれば、TV用OLED投資の新たな起爆剤になる。TV用パネルをめぐる一連のサプライチェーンが変わるかもしれないという点で、2022年市場の注目ポイントの一つになるだろう。さらにこれは、中国FPDメーカーのTV用OLED投資を活発化させることにつながる。製造装置メーカーはSamsung VDのWOLED調達実現を心待ちにしている。

他方、LCD市場においては、中国FPDメーカーがIT用LCDパネルの生産をさらに拡大してくる。これがIT用パネルのコモディティー化を加速させ、モニターのさらなる大画面化などにもつながってくる。これに対して、生産拠点を全く再編せずにIT用を収益の中心に置いてきた台湾FPDメーカーが、今後どのような差別化戦略を打ってくるかが注目される。

供給過剰にともない、設備投資のタイミングにも遅れが生じそうだ。TCL CSOT (TCL China Star Optoelectronics Technology) はG8.6新工場「T9」フェーズ1への投資を決定済だが、以降は当初計画よりも遅れる可能性もありえる。G10.5の拡張を計画しているBOEも同様であり、装置需要に影響を及ぼすかもしれない。

パネルも部材も在庫が増加するため、春先までパネル価格が下落して厳しい市況となるが、価格下落によって再び調達が活発化し、下期には工場稼働率が上昇に向かうとみている。この際には現在の世界的な物流問題が改善していることを期待したい。

その他のポイントとして、MiniLEDバックライトの普及にも注目している (関連ブログ)。2021年はモバイル系ではApple製品を中心に採用が広がったが、TVは期待ほど伸びなかった。SamsungやTCL、LGらが商品ラインアップを増やしているが、2022年のTCL他中国ブランドの増産、そして売れ行きがどうなるかも今後を占う試金石になる。

(本稿は、12月上旬「電子デバイス産業新聞」のDSCC連載記事を基に、1月4日に田村が再確認・一部改訂したものです)

[ご案内] DSCC世界各国アナリスト陣が重要トピックス8選を解説した『2022年のFPD産業展望セミナー』の講演資料集 (動画付き) を即日納品!さらに今月からアジア代表・田村喜男の日本語解説ウェビナ―特典付きで、税込49,800円!

[演目1] The Past, Present and Future of the Display Market
Ross Young (米国), Co-Founder and CEO

即日納品:英文38頁・英語動画33分間+田村喜男の日本語動画76分間 (1月7日収録)

[演目2] Global FPD Demand and Supply Outlook
田村喜男, 共同創業者・アジア代表
即日納品:英文34頁・日本語動画75分間 (1月7日収録)

[演目3] The TV Market Post-Pandemic
Bob O’Brien (米国), Co-Founder, Principal Analyst
即日納品:英文36頁・英語動画26分間

[演目4] Emerging Technologies: Outlook on MicroLED and AR/VR Display
Dr. Guillaume Chansin (英国), Director of Display Research
即日納品:英文42頁・英語動画63分間

[演目5] Foldable and Rollable Market Outlook
田村喜男, 共同創業者・アジア代表
即日納品:英文18頁・日本語動画47分間 (1月14日収録)

[演目6] Global FPD Equipment Market and Dynamics
Jayden Lee (韓国), Director of Display Equipment and Materials
即日納品:英文34頁・日本語動画68分間 (1月14日収録)

[演目7] Chinese OLED Makers' 2022 Business Plan and Strategy
Rita Li (中国), Director of Display Research
即日納品:英文20頁・英語動画23分間

[演目8] MiniLED Market Potential and Expansion Outlook
Leo Liu (台湾), Director of Display Research
即日納品:英文28頁・英語動画約33分間
1月24日 (月) 15:00~田村喜男の補足解説ウェビナー→即日オンデマンド配信 Coming Soon!

[付録枠] 田村喜男の視点「2022年FPD産業の注目点」
聞き手:電子デバイス産業新聞 特別編集委員 津村明宏氏
1月21日 (金) 15:00~最長16:00 ウェビナー→即日オンデマンド配信 Coming Soon!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
品名:DSCC 2022年のFPD産業展望セミナー

収録:2021年12月3日 (DSCC Korea主催セミナー向け) +1月に田村喜男が補足解説中※
   ※「1月21日&24日開催 DSCCセミナー」名目などでのお見積書もご用意できます

構成:これらファイルを即納できます
   資料:英文パワーポイント 8枠
   動画:英語版 6枠+日本語版 4枠
   さらに1月中に、下記の特典動画 2枠をご提供します

今後の特典:田村喜男の補足解説 (演目8)+付録枠 (ゲスト質問者とのトークセッション)

閲覧権:ご登録者様のご所属企業・団体様内にて共有可能 ※グループ会社様を除きます

価格:45,273円 (税込49,800円)

支払:納品後に請求書を発行します。翌月末日までの銀行振込みをお願い申し上げます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お申し込み・お問い合わせ:

以下のご所属情報をご明記の上、メールでお申し込みください
原則として当日中に、遅くとも翌朝にはご案内を差し上げます

 【件 名】「セミナー購入」「セミナー申し込み」「セミナー質問」など、短文で結構です
 【会社名】 
 【部署名】 
 【役 職】
 【お名前】 

 ◆メール送信先◆ info@displaysupplychain.co.jp

Image Description
Written by

Yoshio Tamura

tamura@displaysupplychain.com