Galaxy向けOLEDパネル需要

Published March 5, 2020

電子デバイス産業新聞 3月5日掲載
- DSCC田村のFPD直球解説 第25回より


SamsungのスマートフォンGalaxy向けOLEDパネルの出荷動向を解説する。 18年から19年にかけてはRigid OLEDは数量減にもかかわらず、面積が増加した。 これは、特にRigidパネルがミッドレンジのAシリーズを中心に展開されたため、平均パネルサイズが18年の5.2"から6.3"へと1"以上大きくなったことによる。

Flexible OLEDについてはSシリーズとNoteシリーズを中心に展開しており、Flexibleの平均パネルサイズは18年の6.1"から6.3"へと若干大きくなったものの数量減の影響で面積は微減。
Foldable OLEDでは19年に初めてGalaxy Foldが市場投入されたものの、折り曲げ部等の不具合もあり、数量的には40万枚弱に留まった。 19年から20年にかけて、Rigidは平均パネルサイズは微増するが、数量・面積ともに減少する見込み。 Flexibleは数量・面積ともに増加するが、コロナウィルスの影響と1000ドル~1600ドルにも達するS20シリーズの売れ行きが着目される。

20年はFoldableについても、Clamshell型のGalaxy Z Flipがリリースされ、ヒンジの強度も大幅に改善されたことも合わせ、注目が集まる。 DSCCでは20年には300万枚を超えるFoldable OLEDがGalaxy向けに出荷されると予想している。

Samsung Galaxyシリーズ合計では、19年は2%増の3億2千万枚超えのパネル出荷となった。 20年は新型コロナウィルスの影響を考慮して、暫定的に19年比2%減の予想としている。19年においてOLED数量は8%減、対してLCDは20%以上増加1億3千万枚弱となった。20年は、OLEDもLCDも2%減と見込んでいる。最後に、今後3-4月にかけてコロナウイルス問題で韓国内の各種製品部材の生産に影響を与えることになるか否かに注目していきたい。

本記事のデータを
より詳しくご入手されたいお客様は
お気軽にご連絡ください

ご案内手順

1) まずは「お問い合わせフォーム」経由のご連絡にて、ご紹介資料、国内販売価格、一部実データ付きサンプルをご返信します。2) その後、DSCCアジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明 (お電話またはWEB面談) の上、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。 3) ご購入後も、掲載内容に関するご質問を国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答ミーティングを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。

Image Description
Written by

Yoshio Tamura

tamura@displaysupplychain.com