国内お問い合わせ窓口
info@displaysupplychain.co.jp

FOR IMMEDIATE RELEASE: 06/28/2021


OLED Smartphone Panel Revenues Expected to Increase 39% Y/Y in 1H 2021
David Naranjo, Senior Director

San Diego, CA USA -


[田村喜男の補足解説]

OLED市場における大きな出来事は、モバイル用途において、2020年はiPhoneが2020年秋モデルの4モデル全てにフレキシブルOLEDを採用したこと、2021年はSDCがリジッドでの脱スマホ戦略を鮮明にしていること、と言えよう。

SDCのノートPC用リジッドパネルの2021年販売計画は500-600万パネルと言われている。そしてQ3'21からは、任天堂ゲーム機用リジッドパネルの本格出荷を開始する見込みだ。同社のA2工場の月産投入能力186Kのうち、2021年下半期にはノートPCで20K、ゲーム機で10K弱を割り当てる必要がありそうだ。

スマホ用では、XiaomiがフレキシブルOLEDを中国パネルメーカーから30-40ドルの安値で調達、そのボリュームを大きく増加させている。BOEが生産ライン稼働率維持のためにこの領域で勝負をかけてくるか否かが、2021年下半期以降の動向として注目される。言うまでもなく、このような価格帯勝負では、今後SDCにとっては厳しい市場となっていくだろう。

そのスマホ市場に関する著者入手の最新情報では、COVID-19インパクトによりインドなど新興国需要が低迷、同地域でのセット生産に悪影響をもたらしており、2021年の世界需要に下振れ懸念が出てきた。しかしその対象が新興国ということもあり、OLED需要に対するインパクトは比較的小さいであろう。

一方TV用パネルは、WOLEDが好調な状況で推移してきており、2021年8月からLGD広州の月産基板投入能力が60Kから90Kに増加する計画であったが、このタイミングは再度遅れそうだ。2022年に向けて、パネルサイズの拡張 (小型はモニター用途へも展開し、42"や31"などの量産化、大型は83"の増量)、そしてSamsung VDへのパネル供給実現ということになれば、2022年で100-200万パネル程度を確保できるのかが、LGDの生産ライン稼働率維持のポイントとなるだろう。

アジア代表・田村喜男 (6月30日 10:50版)

---------------------

OLED smartphone panel revenues will increase by 39% Y/Y for the first half of 2021, according to the latest update of the DSCC Quarterly Advanced Smartphone Features Report (一部実データ付きサンプルをお送りします).

The Q2 update of this report gives actual shipments for Q1 2021 and DSCC’s estimates for Q2 through Q4 2021, plus DSCC’s forecast for 2021-2025 for different form factors for OLED smartphone panels, with detailed figures for units, revenue, area, average selling price (ASP) and other parameters with splits by panel supplier, substrate (rigid/flexible) and brand. This article will cover DSCC’s estimated results through the first half of 2021 for OLED smartphone panels. Subscribers to the report, of course, can see all the results in the Excel file.

Quarterly AMOLED Smartphone Panel Revenues, Q3’19-Q3’21

Source: DSCC’s Quarterly Advanced Smartphone Features Report (一部実データ付きサンプルをお送りします)

The report enables an analysis of brand trends with detail to the model level on major smartphone brands. The influence of Apple can be seen in the next chart on smartphone panel revenue share by brand. Since it first introduced OLED panels into iPhones in 2017, Apple has shown a persistent seasonal pattern of a weak first half and a strong second half, but the delayed launch of iPhone 12 meant that Apple continued to dominate OLED smartphone panel revenues in Q1 2021, and the expected strength of the iPhone 13 product line means that we expect Apple to maintain the leading OLED panel revenue share in Q3’21.

Quarterly OLED Smartphone Panel Revenue Share by Brand, Q3’19-Q3’21

Source: DSCC’s Quarterly Advanced Smartphone Features Report (一部実データ付きサンプルをお送りします)

The report also includes smartphone OLED panels by substrate type, as shown in the next chart. While rigid OLED panels were the majority of smartphone shipments through 2019, flexible OLED panels surpassed rigid panels in 2020 and continued to outnumber rigid panels in Q1 2021. In Q1’21, flexible OLED panels accounted for 77% of all OLED smartphone panels, with rigid panels at 23%. Our report also includes a forecast from 2021-2015 for all substrates including foldable and rollable OLED panels. More details for foldable and rollable smartphones can be found in the Quarterly Foldable/Rollable Display Shipment and Technology Report (一部実データ付きサンプルをお送りします).

Quarterly OLED Smartphone Panel Revenues by Substrate, Q3’19-Q3’21

Source: DSCC’s Quarterly Advanced Smartphone Features Report (一部実データ付きサンプルをお送りします)

For OLED panel shipments by panel supplier, shipments continue to be dominated by Samsung with 75% share in Q1’21, followed by LGD at 8% share and BOE at 6% share. By flexible substrates, Samsung had 65% share in Q1’21 followed by LGD at 16% share and BOE at 13% share. For rigid substrates, Samsung had an 86% share followed by EDO and Visionox, both at 6% share. In Q3’21, we expect to see 25% growth by Visionox as a result of several design wins.

Quarterly OLED Smartphone Panel Shipments by Supplier, Q3’19-Q3’21

Source: DSCC’s Quarterly Advanced Smartphone Features Report (一部実データ付きサンプルをお送りします)

As noted above, the DSCC Quarterly Advanced Smartphone Features Report provides a comprehensive listing of historical panels shipments, revenues, ASP’s, models, feature segmentations for all smartphones, plus a forecast of units, revenues, ASPs, models, screen sizes, resolutions, panel suppliers and comprehensive feature segmentations. Readers interested in subscribing to the DSCC Quarterly Advanced Smartphone Features Report should contact info@displaysupplychain.co.jp.

本記事の出典調査レポート
Quarterly Advanced Smartphone Features Report

一部実データ付きサンプルをご返送

ご案内手順

1) まず「お問い合わせフォーム」のご要請にて「国内販売価格」を24時間以内にご返信します。 2) 続いて、レポート最新号に基づく「商品サンプル」を作成の上、ご返信します。 3) さらに、ご希望されるお客様には、DSCCアジア代表・田村喜男アナリストによる「本レポートの強み~DSCC独自の分析手法とは」のご説明 (お電話またはWEB面談) の上、お客様のミッションやお悩みをお聞かせください。本レポートを主候補に、課題解決に向けた最適サービスをご提案させていただきます。 4) ご購入後も、掲載内容に関するご質問を国内お客様サポート窓口が承り、質疑応答ミーティングを通じた国内外アナリスト/コンサルタントとの積極的な交流をお手伝いします。


About DSCC

https://www.displaysupplychain.co.jp/about

本ページでは、毎週火曜日 (米国時間月曜日) にDSCCグローバルサイトに速報掲載される海外アナリストブログ集から、日本の読者様のお役に立てる直近の分析記事を選抜し、ご紹介しています。 ※ウェブシステムのレイアウト制限により「Press Releases」掲載枠を使用しています※

【一般のお客様:本記事の出典調査レポートのお引き合い】
上記「国内お問い合わせ窓口」にて承ります。会社名・部署名・お名前、および対象レポート名またはブログタイトルをお書き添えの上、メール送信をお願い申し上げます。和文概要資料、商品サンプル、国内販売価格を返信させていただきます。

【報道関係者様:本記事の日本語解説&データ入手のご要望】
上記「国内お問い合わせ窓口」にて承ります。媒体名・お名前・ご要望内容、および必要回答日時をお書き添えの上、メール送信をお願い申し上げます。記者様の締切時刻までに、国内アナリストが最大限・迅速にサポートさせていただきます。